【パルシステム体験談】産直大豆ドライパック 少量で使いやすい使いきりが最高!

食材宅配パルシステム 産直大豆ドライパック パルシステム商品レビュー
この記事は約9分で読めます。

この記事にはアフィリエイトリンクが含まれています

食材宅配パルシステム 産直大豆ドライパック

食材宅配パルシステム「産直大豆ドライパック」ちょっとしたおやつにも良かった!

こんにちは!兼業主婦子です。

兼業主婦子 笑顔

みなさんは、乾燥大豆を自分で茹でたことはありますか?私は今まで1度もありません。

基本のゆで大豆に作り方は、かなり時間がかかるようです。

【ゆで大豆の作り方】
①大豆はさっと洗ってボールに入れ、4~5倍量の水につける。
②6時間後、大豆が水分を充分吸ったら水けをきる。
③②と4~5倍量の水を加え、塩を鍋に入れて中火にかけ、煮立ってきたら、おたまでアクを取る。
④ペーパータオルで落としぶたをし、弱火で60~70分ゆでる。
⑤大豆を親指と人さし指ではさんで、柔らかくつぶせたら火を止める。
⑥しわが寄らないよう、そのままゆで汁の中でさます。
⑦粗熱が取れたら、ざるにとる。

完成するまで、約8時間かかるようです。

兼業主婦子 笑顔

そんなに時間がかかるのっ!?

少しでも家事の時間を少なくしようと食材宅配サービスを利用しているというのに、大豆だけにこんなに時間をかけるわけにはいきません。

 

そこで便利なのが、すでに茹で上がっている大豆です。
中でも最近流行の「ドライパック」が最高の使い勝手の良さなのです。

【ドライパックとは】
ドライパックは、水煮と違って液汁に浸かっていません。 そのため、水煮に比べて軽く、食材本来の旨みが残り、素材が柔らかくなりすぎず、液だれがないため食べやすい、パウチだとごみの処分が簡単、などの多くのメリットがあります。

そこで今日は、食材宅配パルシステムの「産直大豆ドライパック」をご紹介します。

パルシステム「産直大豆ドライパック」パッケージ画像

兼業主婦子 笑顔

パッケージがかわいいですよね!パルシステムのパッケージデザインは、シンプルで分かりやすいので好きです。

■point■
産直大豆100%の茹でてある大豆です。味付けはしてないので、自分好みに調整できるありがたい商品。離乳食にはそのまま、大人のおかずには好きな味付けをして食卓に出すことができます。今日ご紹介するパウチ(パック詰め)と、缶詰の2つあります。

 

パルシステム
無料資料請求は公式ホームページで!

無料資料請求はこちらから!

 

\\パルシステム//
お試しセット内容の確認はこちら!

 

 

産直大豆ドライパックのこだわり

パルシステム「産直大豆ドライパック」3袋

食材宅配パルシステムは、原材料からとことんこだわり、できるだけ無添加で、そのかわり手間暇を惜しむことなく作っているサービスです。

産直大豆ドライパックも例外ではなく、大豆そのものからこだわっています。

【産直大豆ドライパックのこだわり】
・製法にこだわり
・大豆は北海道産「ユキホマレ」を使用

製法にこだわり

まず、水につけた大豆を軽く下ゆでします。
そして湯をきり、缶や包装袋に入れてから加圧・加熱殺菌します。

水煮とは違い豆に含ませた水分だけで蒸し上げるので、香りやうまみを強く感じます。

蒸すからこそできる、ほっくりとした食感も健在です。

大豆は北海道産「ユキホマレ」を使用

パルシステムの産直産地としてすっかりおなじみ、北海道十勝の「大牧農場」で栽培された「ユキホマレ」を使用しています。

この農場は、土づくりからこだわり、有機肥料の使用はもちろんのこと、カルシウムや鉄、銅、亜鉛などの土壌の成分バランスにも注意を払いながら栽培している産地なんです。

兼業主婦子 笑顔

手間暇かかってます。汗水流してます。

パルシステムがいろいろな産地の数種類の大豆を食べ比べてみた結果、加熱後にふっくらとして、もっとも甘みが豊富だったのがユキホマレを使うことに決めたそうです。

産直大豆ドライパック 中身をチェック

配達直後の産直大豆ドライパック(パウチ)を見てみましょう。

パルシステム「産直大豆ドライパック」ケース買い

私は徳用の10パックセットを買ってみたら、段ボールで配達されました。

まずは少量からお試し、という方には、3個1パックセットの産直大豆ドライパック(パウチ)も購入可能です。

兼業主婦子 笑顔

1パックでは買えないようでした。

 

箱を開けて見ましょう。

パルシステム「産直大豆ドライパック」箱を開けてみた

所狭しとぎっちり入っていました。

全部出してみます。

パルシステム「産直大豆ドライパック」全部で8袋入り

全部で10パックです。

開け口を見てみましょう。

パルシステム「産直大豆ドライパック」チャックシールなし

密封チャックはついていないので、1回使い切りのようです。

兼業主婦子 笑顔

もしあまるようであれば、私はタッパーに移し替えるか、丸めて輪ゴムで止めちゃっています。

中身をお皿に全部出してみました。

 

パルシステム「産直大豆ドライパック」中身の画像

これで一袋分です。

産直大豆ドライパック お味は?

パルシステム「産直大豆ドライパック」アップ

 

袋から出して、そのままおいしく食べられるドライパックなのは想像以上に便利でした。

特に、サラダのトッピングとして使う時は、まるでふりかけのようにサラサラと振りかけるだけなんです。

パルシステム「産直大豆ドライパック」サラダ

あとは自分好みのサラダドレッシングをかければ、すべて美味しく食べられます。

産直大豆ドライパック自体に、味付けがされてないからできることです。

大豆を煮るのではなく、蒸して仕上げるから、香りもうまみもたっぷり入っています。

兼業主婦子 笑顔

何の味付けをしていないというのに、そのままおいしく食べられるからすごい!

 

そして、大豆の粒のひとつひとつがしっかり、そしてふっくらしています。

 

最近気が付いたんですが、国産大豆ってどれも豆がしっかりしているように感じます。
なぜそう思ったかというと、子どもたちが小さい時に毎日納豆を水で洗っていたからです。

兼業主婦子 笑顔

ネバネバを取るためです!

洗ってもつぶれていないし、中には皮だけ入っている納豆もあるなか、国産大豆を使っている納豆は豆がふっくらプリプリしているんです。

産直大豆ドライパックも同じで、すべての豆がプクプクしていてかわいいなと思いました。

 

料理でもあまり手を加えず、シンプルなサラダやあえものに使うのがおすすめです。
まずは開封したらおのまま一口味を確かめてみてください。

離乳食にも使える産直大豆ドライパック

パルシステムの産直大豆ドライパックお試ししてみたよ チビ姫ちゃんの離乳食に使ってみた

我が娘が1歳のころ、産直大豆ドライパックをご飯に混ぜてみたときの写真が奇跡的に残っていました。

見事に米だけをよけて、大豆だけ食べています。

兼業主婦子 笑顔

苦笑

 

私たちが離乳食を作るときに気を付けなければいけないポイントの一つに「塩分の加減」があります。

小さい子どもや赤ちゃんは肝臓がまだ未成熟なので、強い塩分を分解することがまだ完全ではありません。だから極力「薄味で」食べさせなければいけません。

しかし、調理が簡単な加工品には、決まって味付けがしてあります。
これではママが自分で作るしかなくなるんですよね。

ところが、パルシステムの産直大豆ドライパックは味付け一切なし

塩すら入っていないので、子どもの離乳食にもバンバン使うことができます。
なんなら、そのままでも与えてもいいのです。

兼業主婦子 笑顔

もし大豆の硬さが気になる場合は、電子レンジで加熱したり、おかゆに入れて茹でてあげると柔らかくて食べやすくなりますよ!

9~11カ月頃までは薄皮をとり、3歳頃までは丸のみしないよう半分に切って食べさせるようにと注意書きがありました。

産直大豆ドライパック 詳細

 

原材料

パルシステム「産直大豆ドライパック」原材料

大豆(北海道産(遺伝子組み換えの混入を防ぐため分別)
兼業主婦子 笑顔

本当に大豆しか使っていないのに驚き!

無添加ですし、化学調味料は一切使っていません。さらに味付けを何もしていないところがポイントです。

アレルギー物質

パルシステム「産直大豆ドライパック」アレルギー物質

大豆

栄養成分表示 1袋あたり

パルシステム「産直大豆ドライパック」栄養成分表示

エネルギー 101kcal、たんぱく質 8.8g、脂質 4.9g、炭水化物 7.7g、糖質 2.9g、食物繊維 4.8g、食塩相当量 0g

栄養成分からも、塩分すらが入っていなないことが分かります。

パッケージデザインの歴史

2016年撮影

パルシステムの産直大豆ドライパックお試ししてみたよ 離乳食に最適です

 

まとめ

シンプルでいてとても素朴な味で、大豆本来の味を再確認できる産直大豆ドライパックでした。

年齢を重ねるごとに、毎日食べる食事の栄養バランスを気にしだした今日この頃。
肉や魚の代わりに植物性たんぱく質を取るのに、まるでふりかけのように気軽に料理に使える大豆は重宝します。

また、パウチ(袋)というのも、主婦心をくすぐります。
缶タイプもあるのですが、断然私はパウチ派です。なぜならゴミ捨てが楽だからです(笑)

 

今日ご紹介したのは大豆そのままでしたが、パルシステムには大豆をおいしく加工したものがたくさんあります。

大豆製品と言ったらまずは納豆でしょう。

【パルシステム体験談】納豆を片っ端からお試し!どれも大豆にこだわりあり!
国産大豆100%!パルシステム「納豆」がどれも個性的! こんにちは!兼業主婦子です。 我が家族全員が納豆大好きなので、1週間の納豆消費量はとてもすごいです。 毎週15パック以上も購入します。 納豆さえあれば、おかずが貧相でもご飯はたくさん食...

産直( 産地直送・さんちちょくそう)とは、生産者と消費者が直接に取引を行うことで、生産者からの元から直接、私たちのところへ商品が届けられるという形式です。

卸売業や小売業を通さないので、安い価格で製品を入手することができます。

大豆が国産であることの一番の違いは、その食感です。

豆が強いので、パッケージをあけたらすでにつぶれている、ということが少ないのです。

とっても美しい納豆ばかりです。

 

次にお豆腐もあります。

【パルシステム体験談】豆腐を片っ端からお試し!さすが国産大豆使用の消泡剤不使用!
食材宅配パルシステムで買った豆腐を片っ端からお試し!そのまま食べても嫌じゃないおいしさ! こんにちは!兼業主婦子です。 ここ最近、私は便利な食材宅配のおかげで、まったくと言ってよいほどスーパーに行く必要はなくなりました。 でも、たま~に恋し...

産直産地大豆を100%使用しているのにもかかわらず、値段が安いのがパルシステム商品の魅力の一つ。

組合員さんも、嬉しい驚きの口コミを多くしているようです。

豆腐に良く使われる消泡剤を使わず、凝固剤としてにがりを使っています。

原材料は大豆とにがりだけというシンプルな豆腐たちです。

 

和食に欠かせない油揚げも産直大豆です。

【パルシステム体験談】国産大豆油あげ&カットうすあげ(産直大豆)を使って簡単時短メニューを作ってみました!
食材宅配パルシステムの「産直大豆の油揚げ」はこだわりがすごい! こんにちは!兼業主婦子です。 私が食材宅配パルシステムを初めて、もう半年になります。 商品を購入したらパッケージの裏面を凝視し、写真を撮りまくっている変態主婦は私ぐらいなもので...

原材料は、大豆、にがり、なたね油だけという、いたってシンプルな作りなのが特徴。

余計なものは一切使っていないところがいいですね。

この「産直大豆の油あげ」を使いやすく切り、パラパラに冷凍してある「カットうすあげ」もあります。

食材を大切に扱っているパルシステムは、今まで廃棄していた形のくずれたものや、穴があいたものなどの端材も活用しているんですよ!お値段もお手頃です。

 

みなさんもパルシステムの産直大豆商品、是非お試しくださいね!

兼業主婦子がおすすめする食材宅配サービス3社はここ!


安い!品ぞろえ豊富!兼業主婦子一押し

食材宅配ランキング 金コープ

おすすめ度★★★★★★

買い物のタスクをなくすなら、ここだけでも十分です! それだけ品数の種類が豊富で、まるで通販ショッピングモール!

ポイントこんな方におすすめ! 
→買い物に行きたくない方

茨城・栃木・群馬・千葉・埼玉・東京・長野・新潟にお住まいの方は
「コープデリ」

コープデリ
\無料資料請求はこちら!/

コープデリ

お試しセット詳細はこちら!
お申込み詳細はこちら!

神奈川、静岡、山梨にお住まいの方は「おうちコープ」

おうちコープ
\無料資料請求はこちら!/

おうちコープ

滋賀、京都、奈良、大阪、和歌山にお住いの方は「コープきんき」

コープきんき
\無料資料請求はこちら!/
コープきんき

 


夕食を時短したいならココ!

食材宅配ランキング 銀ヨシケイ

おすすめ度★★★★★★

夕食特化!栄養バランス最高!毎日の献立作りから解放されます。冷凍弁当も!

ポイントこんな方におすすめ!
 →夕食づくりを短時間で済ませたい方

☟まずは半額お試しセットから!

ヨシケイ

 

お弁当も初回50%OFF!
\翌日配達のスピード注文/

夕食net


こだわりの食材を安く手に入れたいならココ!

食材宅配ランキング 金パルシステム

パルシステムおすすめ度★★★★★☆

食材の添加物が気になる方や、原材料の育て方、産地にこだわるならここ!

ポイントこんな方におすすめ!
 →こだわりの食品を安く手に入れたい方

パルシステム
\無料資料請求はこちら!/

パルシステム