パルシステムの産直バジルのジェノベーゼソース こりゃ本物だ

食材宅配パルシステムの産直バジルのジェノベーゼソースをお試ししてみました!

こんにちは!兼業主婦子です。

私は大のパスタ好き。
時間があればソースから作って家族にふるまいます。

作るイメージは、チャーハンを作るような感じです。

好きな具材を炒めて、和風にしたいならだしとめんつゆ、洋風にしたいならコンソメ、中華っぽくしたいならガラスープの素で味付けするだけ。

かなり適当に作っているので、再現は不可能なのが難点です。

あまりにもパスタが食卓に並ぶので、実は最近マンネリ化してしまっています。

そこで、気合を入れなおそう(再現できるなら勉強させてもらいたい)と購入したのが、パルシステムの「産直バジルのジェノベーゼソース」です。

食材宅配パルシステムの産直バジルのジェノベーゼソースをお試ししてみました!

こちら、3個で1セット。

値段が高かったのでずっと様子見をしていたんですが、ちょっとだけお安いときがあったので購入しました。本体価格は500円以上します。ちょっと高いですよね。

でも、その値段に見合った味です。
高いけど、また買いたい!貧乏性な私でもそう思ってしまいます。

バジル好きならこの良さが分かるおいしさです。

■point■
兵庫県の産直産地「ささ営農」と、契約産地のバジルのみを使用した、濃厚な風味に特徴のあるジェノベーゼソースです。思わず皿をなめ回したくなるようなクセになるうまさ。朝に積んだバジルが、昼にはもうペーストになっちゃう鮮度の良さ。特有のえぐみもなく、すがすがしく食べられる1品です。

 

☟1,000円のお試しセットはこちらから!

産直バジルのジェノベーゼソース お味は?

パルシステムの産直バジルのジェノベーゼソースをお試し

「うん、この値段はしかたないね」

一口食べて思ったことです。

まず、バジル特有のえぐみが一切ありません。
それなのにバジルの香りが強い。

にんにくの香りも食欲をそそります。
後に残りますが、「仕事に支障が出てしまう」ほどではありません。

そしてオリーブオイルがくどくなく、サラリとしています。

味はそのまま食べるとしょっぱいですが、私は食パンにつけて食べました。
もうね、お皿を嘗め回してしまいたいと思うほど、そのおいしさに感服しました。

パンだけでは飽き足らず、チキンソテーにもかけてみたり、もちろんパスタにも。
食べた後に深いコクを感じるので、これはいったい何だろうと原材料を調べたところ、実はチーズと魚介エキスも入っている事が判明しました。なるほど、納得。

これはバジルの良さを余すことなく感じられる1品です。

産直バジルのジェノベーゼソース こだわりは?

このソース、値段が高いこともあり、そのこだわりっぷりはすごいです。

☑産直産地

☑採ったらすぐに加工

☑風味を生かした味付け

原材料は産直産地

バジルは兵庫県の産直産地「ささ営農」と、契約産地の原料のみを使用しています。
有機質肥料を加えた土と揖保川の豊かな水で育ったバジルは、とても色鮮やかなんですよ!バジル独特の香りも濃厚です。

バジルと言えばほとんどが海外産。
国産の物はあまり聞きなれませんよね。そこをやってのけているこのソースは、化学合成農薬の使用量を一般的な量の1/2以下に減らしたバジルだけを使用しています。

さらにソースのえぐみや加熱むらの原因になる茎を入れないよう、葉の部分だけを手摘みしているんです。かなり手間のかかる作業です。

畑近くの工場で加工

バジルは鮮度が落ちるのが早いので、収穫後は時間との戦いなんです。
そこで考えた方法は、畑の近くに工場を作ってしまうという事。

もっとも早い場合には、朝5時に収穫したバジルが10時頃にはペーストになっているんですよ!このような工夫で色も香りもバジルそのままにしているんです。
ペーストはすぐに凍結し、すぐに味付けを行う最終加工場へ出荷するようにしています。

風味を生かした味付け

味付けは、ソース作りに定評があり、レストランやプロの料理人も頼る「エム・シーシー食品(株)」が担当しています。

チキンや魚介のエキス、イタリア産オリーブオイルやチーズの王様「パルミジャーノ・レッジャーノ」、国産にんにくをバランスよく加えることで、味にコクや深みを出しています。

もちろん、パルシステムでは当たり前、化学調味料は不使用です。

産直バジルのジェノベーゼソース 詳細

原材料

バジルペースト(バジル(兵庫県産)、オリーブ油)、オリーブ油、ナチュラルチーズ、チキンエキス、にんにく、食塩、コーンスターチ、魚介エキス、唐辛子

味のコクはナチュラルチーズ、チキンエキス、魚介エキスですね。
何種類も旨みエキスを入れることによって、より深い味わいを出してくれています。

さらに、ニンニクがアクセントになっています。

化学調味料は一切入っていないことが特長です。

アレルギー物質

乳成分、鶏肉

栄養成分表示 1袋 70gあたり

エネルギー 196kcal
たんぱく質 2.5g
脂質 19.7g
炭水化物 2.2g

食塩相当量 1.5g

パスタ関連商品が豊富なパルシステム

本体価格538円の「産直バジルのジェノベーゼソース」。3袋入りなので1袋あたり170円。
パスタ100gに1袋の割合で加えるので、お世辞にも安いとは言えませんが、このこだわりっぷりを見ればその価値は分かります。

パスタのソースとして使うのはもったいないような気がしないでもないですが、バジルを100%感じることができるので、バジル好きにはたまらない1品です。

やっぱり本物の味はおいしいな、と思える1品です。

パルシステムには他にも、こだわりの詰まったパスタソースがあります。

それが「ドライトマトのイタリアンベース」です。

パルシステムのドライトマトのイタリアンベースをお試し 画像

生ではなく、ドライトマトならではの味を楽しめるソースです。1瓶に生トマト16個分も入っています。他にもニンニクやバジルもたっぷり。

これは大人の贅沢かも。

これを絡めたら絶対においしいスパゲッティもあります。

食材宅配パルシステム スパゲッティー

パスタに適している、デュラム小麦のセモリナ100%使用しています。

これとお好みのソースをセットで購入すれば、すぐに本格的なパスタがご家庭で食べられます。

皆さんも是非お試しくださいね!

 

☟1,000円のお試しセットはこちらから!

トップへ戻る