pH調整剤とは?

腐敗防止・変色防止

pH調整剤とは、食品のpH(水溶液中の水素イオン)を適切な範囲に調整して、食品の変質や変色を防いで品質を安定させたり、他の食品添加物の効果を高めるために使います。

例えば市販のおにぎりやお弁当の場合、主にpH調整剤を添加して食品のpHを4~5くらいの酸性にすることで菌の増殖を抑え、食品の腐敗を防ぎ、日持ちを良くするのです。

合成保存料(細菌やカビの繁殖を抑える化学物質)が嫌がられている中、その代わりの物として使用されています。

pH調整剤は総称

「pH調整剤」というものは特定の物質を指すものではありません。
クエン酸、クエン酸三ナトリウム、炭酸ナトリウム、リン酸などをまとめて呼んでいます。

例えば、ピーマンやにんじん、大根などを「野菜」と呼ぶようなものです。

それぞれの物質については、FAO/WHO合同食品添加物専門家委員会(JECFA)というところで審議、評価され、安全性が確認されています。

Food and Agriculture Organization of the United NationsFood and Agriculture Organization of the United Nations

これらをpH調整の目的で使用する場合、1つだけでの使用は少なく、2~3種類を組み合わせて使うことほとんどで、法律上も一括表示が認められています。

つまり、炭酸ナトリウムとリン酸を使用していても、原材料には「pH調整剤」と書けば問題ないということなんです。この表示法はメーカー次第になっています。

という事は、私たちにはどの添加物を使ったのか、詳しい所までは分からないということになります。

「pH調整剤」と表記できるものはこんなにたくさんあります。

リン酸、クエン酸、酢酸ナトリウム、炭酸水素ナトリウム、グルコン酸、グルコノデルタラクトン、アジピン酸、コハク酸、酒石酸、炭酸カリウム、二酸化炭素、乳酸、乳酸ナトリウム、氷酢酸、フマル酸、リンゴ酸

カタカナで書かれているうえ、「酸」という文字がほとんどについており、消費者である私たちが原材料を見たときにちょっと怖くなってしまいますよね。
そうなるとメーカーは困ります。
なので、メーカーにとってはとても便利な表示法だと言えるでしょう。

pH調整剤はほとんどの加工品に入っている

スーパーに行って加工品の裏を見てみると、pH調整剤の表記を見つけることができるでしょう。

おにぎり、お弁当、お惣菜、サンドイット、パン、冷凍食品に必ずと言ってよいほど入っています。食材宅配で取り扱っている食品にも度々入っていますが、中には入れないで作っているところもあるんです。

添加物を極力使わないとしているパルシステムのアイスにも入っていました。
https://kengyousyufu.com/%E3%83%91%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0%E8%A8%98%E4%BA%8B%E4%B8%80%E8%A6%A7/post-6460/

食材宅配パルシステム こんせんくんミルクバーいちご

しかしパルシステムの場合、pH調整剤の後にカッコで「クエン酸三ナトリウム」と書いてあります。

このように、pH調整剤として何を使ったかを書いてくれているのは稀です。

コンビニのパンはちょっと危険かも…

気になる記事を発見しました。

 コンビニのパンは超危険?見えないかたちで大量の添加物、健康被害の恐れ | ビジネスジャーナル
コンビニのパンは超危険?見えないかたちで大量の添加物、健康被害の恐れ | ビジネスジャーナル

記事の内容を簡単に説明すると、コンビニのパンにはpH調整剤が大量に入っていて、その量は添加物を製造販売している会社社長も「もう少しpH調整剤を抑えて使った方がいいのでは?」と製パン業者に言ってしまうほどだというんです。

しかも、どのpH調整剤を使ったかが明記されないので、「大量摂取はあぶないかも」と言われている「リン酸塩」を使っているのかいないのかを知ることができないのは、ちょっと不安になってしまいます。

リン酸塩は危険?

リン酸塩をたくさん食べてしまうと、カルシウムの吸収を妨げてしまう可能性があります。
すると、わけもなくイライラしたりと精神的に不安定になる現象がおきるというのです。

例えば、「キレやすい子どもは、食生活を変えればよい」という事が昔から言われています。
実際に犯罪を起こしてしまった子どもたちの食生活は典型的で、加工品やファストフード、砂糖たっぷりのジュースを多く食べている事が多いです。

そうすうと、常にカルシウム不足の状態が続きイライラしやすくなるんです。

リン酸塩だけは注意して、原材料をチェックした方がよさそうです。

食品添加物について

このサイトでは食材宅配サービスの商品紹介をするときに、ほぼ100%原材料のチェックをしています。

食品添加物は身体に悪いというわけではありません。

食品添加物が体に悪いのは、普通の人が普通の食事で摂取する程度の量の数千倍の量を一度に摂取した場合です。

普通の食事に含まれている量程度では、体に害はありません。

さまざまな実験を繰り返して、人間が一生の間毎日摂取してようやく体に影響があるかもしれない、という量の1/100、という基準量が決められています。

ただ、日本では普通に使用されている添加物なのに、海外では発がん性があるとして禁止されている添加物もあるんです。

自分の身を守るため食品添加物の知識はしっかり持っておいた方が良いと考え、どのような添加物が入っているかを書いていきたいと私は思っています。

 

兼業主婦子がおすすめする食材宅配サービス3社はここ!


安い!品ぞろえ豊富!兼業主婦子一押し

食材宅配ランキング 金コープデリ・おうちコープ

コープデリ・おうちコープ

おすすめ度★★★★★★

買い物のタスクをなくすなら、ここだけでも十分です! それだけ品数の種類が豊富で、まるで通販ショッピングモール!

 

ポイントこんな方におすすめ! 
→買い物に行きたくない方

 


夕食を時短したいならココ!

食材宅配ランキング 銀ヨシケイ

おすすめ度★★★★★★

夕食特化!栄養バランス最高!毎日の献立作りから解放されます。冷凍弁当も!

ポイントこんな方におすすめ!
 →夕食づくりを短時間で済ませたい方


こだわりの食材を安く手に入れたいならココ!

食材宅配ランキング 金パルシステム

パルシステムおすすめ度★★★★★☆

食材の添加物が気になる方や、原材料の育て方、産地にこだわるならここ!

 

ポイントこんな方におすすめ!
 →こだわりの食品を安く手に入れたい方


 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る