パルシステム「酪農家の牛乳」をお試し こんせん72との違いは!?

食材宅配パルシステムの酪農家の牛乳、大人気こんせん72との違いは?

こんにちは!兼業主婦子です。
うちの大姫様(5)の牛乳離れが進んでいます。

しかし、私は牛乳をパルくる便で週に1本、そしてコープデリのほぺたん忘れず注文で2本、注文しなくても勝手に届くような設定をしているので、予告なしに飲まなくなるととっても困ります。

先週から急に飲まなくなったんですよね。
「氷水がいい」って言ってます。夏だからかな?

なので、先週は私が頑張って飲みました。
カフェオレにして。

アイスコーヒーの3分の1を牛乳にするんですが、やっぱりメーカーによって味が違いますね。パルシステムの牛乳はさらっとしているなあと思いました。

とことんこだわりまくっているパルシステムの事だから、やっぱり何か秘密があるんでしょうか。

■point■
75℃15秒殺菌の「HTST」製法で加熱殺菌された、サラッとして飲みやすいのにしっかりコクを感じる、とっても飲みやすい牛乳です。賞味期限は5日間と短いですが、新鮮さはどの牛乳にも負けません。こんせん72牛乳との違いは産地。こんせん72は北海道の根釧地方、酪農家の牛乳は都市近郊で育った牛から搾乳しています。

 

☟1,000円のお試しセットはこちらから!

パルシステム おためしセット

酪農家の牛乳 こだわり

兼業主婦の食材宅配体験談 パルシステム初めてセット 定番品が届いたよ!

都市近郊の産地で搾乳された良質な生乳を使用している酪農家の牛乳は、「サラッとしているのにコクもある」と人気だと噂には聞いていました。

パルシステムの初めてセットで500mlパックが届いたので、早速試して見る事にしましたよ。

良質な生乳を使用

兼業主婦の食材宅配体験談 パルシステム初めてセット 定番品が届いたよ!

パルシステムがこだわるのは、75℃15秒殺菌の「HTST」製法です。

HTST製法の詳細は「こんせん72牛乳を飲んでみたよ」をご覧ください!

本当はもっと高い温度で殺菌するところを、あえて低い温度で殺菌することで、生乳に近い味を出しています。
しかしそのためには、生乳の品質の高さが不可欠になるんです。

そこで酪農家の牛乳は、酪農が盛んな埼玉県や茨城県で酪農を営む生産者が搾乳した、細菌数の少ない良質な生乳のみを使用しています。

製造の翌日にお届け

酪農家の牛乳のお届け日を含む消費期限は5日間です。

搾乳後すぐに地域の工場に運んでパックし、配達日前日に製造されたフレッシュな牛乳だけを出荷しています。

首都圏の酪農家は大変

都市近郊の酪農家は、かなり苦しい状態にあります。
牛乳の消費の伸び悩みや飼料の価格高騰です。

さらに追い打ちをかけるかのように、宅地化や高齢化の波で厳しい状況に置かれています。

新鮮でおいしい牛乳を届けるためにがんばっている酪農家を、牛乳を飲んで応援しましょう!

こんせん72と酪農家の牛乳の違いは?

この記事を書いているうちに疑問に思いました。
パルシステムの主力商品「こんせん72牛乳」との違いって何?

こんせん牛乳兼業主婦の食材宅配体験談 パルシステム初めてセット 定番品が届いたよ!

同じ「HTST」製法なのは変わりません。

正解は産地の違いです。

ひよこさん
産地が違うと、味も若干違ってくるのが面白いよね!
おさるさん
味に敏感な方が飲めば、すぐわかるらしいよ!

こんせん72は北海道の根釧地方で生産されているのに対し、酪農家の牛乳は埼玉県、もしくは茨城県で酪農を営む生産者が搾乳しています。

そのため、遠い北海道で作られる「こんせん72牛乳」の賞味期間が関東の「酪農家の牛乳」より1日短いのです。

味の違いは私には分かりませんでした…。
どちらのサラサラしていて、飲みやすい印象です。

成分表の違い 酪農家の牛乳とこんせん72

兼業主婦の食材宅配体験談 パルシステム初めてセット 定番品が届いたよ!

☝酪農家の牛乳

兼業主婦こんせん牛乳兼業主婦の食材宅配体験談 パルシステム初めてセット 定番品が届いたよ!の食材宅配体験談 パルシステム初めてセット 定番品が届いたよ!

☝こんせん72

気が付いたことは…

●無視乳固形分と乳脂肪分が0.1%こんせん72のほうが高い
殺菌は72℃ 15秒間で同じ
産地の違い
内容量はどちらも1000mlがあるのでスルー

栄養成分表示の違い 酪農家の牛乳とこんせん72

兼業主婦の食材宅配体験談 パルシステム初めてセット 定番品が届いたよ!

☝酪農家の牛乳

パルシステムのこんせん72 成分表

☝こんせん72牛乳

気づいたことは…

●産地も違えば牛も違い、栄養価も違ってくるのがはっきりした
●カルシウムは変わらないけど、こんせん72の方が地域がら寒いからか、脂質が多くエネルギーも高い

値段 酪農家の牛乳とこんせん72

2016年8月の価格です。

酪農家の牛乳(1000ml)218円 (税込235円)
こんせん72(1000ml)224円 (税込242円)

こんせん72牛乳のほうがすこし高めですね。

まとめ

正直に申しますと、酪農家の牛乳とこんせん72の味の違いはわかりません。
味音痴なんですよ、わたし。

なので、北海道を応援するか、首都圏の酪農を応援するかで買う方を決めてもいいんじゃないかなって思います。

あとは差額は10円もしませんが値段ですかね。

酪農家の牛乳には低脂肪もあります。

パルシステム 酪農家の低脂肪牛乳 1000ml

酪農が盛り上がっている埼玉県の生産者が搾乳した生乳のみを使い、そこから脂肪分を1%まで減らしています。

おかげでカロリーを35%カットです。

低脂肪にありがちな水っぽさをあまり感じませんので、気になる方はこちらも☑してみてください。

パルシステムにはこのほかにも、こだわりの牛乳がたくさんあります。

例えば「いわて奥中山高原の低温殺菌牛乳」です。

食材宅配パルシステム いわて奥中山高原の低温殺菌牛乳

兼業主婦子関連記事

アイコン パルシステム「いわて奥中山高原の低温殺菌牛乳」サラッとした飲み口!

65℃で30分の低温長時間(LTLT)殺菌で作られる「いわて奥中山高原の低温殺菌牛乳」は、サラッとした飲み心地。

ただ、この口当たりを作るためには、そもそも殺菌が少ない、健康状態の良い牛から搾り取った生乳からしか作ることができません。

そこでパルシステムがとった方法が手間暇をかけることでした。

65℃殺菌ってのは、今日ご紹介した酪農家の牛乳、こんせん72牛乳よりもさらに低い温度ですよね。

皆さんも自分に合った牛乳、見つけてみてくださいね!

 

☟1,000円のお試しセットはこちらから!

パルシステム おためしセット

トップへ戻る