着色料とは

着色料は食品に色をつけるもの

食事をするとき、何をもって「おいしい」とするのか。
まずは目で見て、おいしさを感じますよね。

子どもを見てください。
緑の入ったものは食べませんよね。
しかし、入っていることが分からないように工夫すれば食べることもあります。

見た目ってとても重要なんです。

食品には様々な色がありますよね。
緑や黄色、赤のピーマンや、揚げ物の茶色、モモのピンクなど、数えきれないほどです。
これは、食欲を増進させる効果があります。

ただ、自然の色をずっと保つことができません。
例えばハムは、封をしないでそのままにしておくと、だんだん黒くなっていきますよね。

なので、色を調節、維持するために「着色料」が使われるようになりました。

ただし、お肉やお魚、野菜などは、着色料を使うと鮮度の見分けが難しくなり私たちを混乱させてしまう危険性があるので、使用は禁止されています。

食品に使われている主な着色料

食用としての着色料は国に認可されているものだけを使用できます。

天然着色料

●カラメル色素
砂糖、ブドウ糖、でん粉加水分解物、糖蜜などを熱処理するか、 酸やアルカリを加えて熱処理して製造します。

例えば、パルシステムの大人のカレー「スパイシーカレー」に使われています。

パルシステム「スパイシーカレー(ルウ)」は大人の味
食材宅配パルシステム パンチのあるスパイシーカレーをお試ししてみました! こんにちは!兼業主婦子です。 子どもの好きな食べ物ラン...
【ルウ】食用油脂(牛脂、豚脂、パーム油)、小麦粉、カレー粉、砂糖、食塩、香辛料、たん白酵素分解物、バター、酵母エキス、チャツネ(リンゴを含む)※、トマトペースト、おろししょうが、全粉乳、ビーフパウダー(大豆・ゼラチン含む)、オニオンパウダー、ポークパウダー、ソース末、ココナッツペースト、ビーフエキス調味料、おろしにんにく、ホタテエキス、ポークエキス/カラメル色素

●クチナシ黄色素
アカネ科のクチナシの果実から抽出して作られます。中華めん、清涼飲料水などに使われることが多いです。

コープの「国産素材 ざるラーメンに」使われています。

コープの国産素材ざるラーメン つけだれが美味!
食材宅配コープデリでざるラーメン和風しょうゆ味がおいしい! こんにちは!兼業主婦子です。 今年も夏がやってきます。 食欲は…落...

【めん】小麦粉、打ち粉(でん粉)、食塩、卵白(卵を含む)/酒精、ソルビトール、かんすい(炭酸Na等)、炭酸Ca、リン酸Ca、着色料(クチナシ黄色素

【たれ】しょうゆ(大豆・小麦を含む)、砂糖・ぶどう糖果糖液糖、魚介エキス、たん白加水分解物、食塩、醸造酢、こんぶエキス/ソルビトール、調味料(アミノ酸、核酸、有機酸)、着色料(カラメル)、酸味料(クエン酸)、ビタミンB1

また、たれのほうにはカラメル色素が使われていますね。

●クチナシ赤色素
クチナシの果実から抽出したエステル加水分解物と、タンパク質分解物の混合物に、β-グルコシダーゼを入れて作られます。

●クチナシ青色素
クチナシの果実から抽出したイリドイド配糖体とタンパク質分解物の混合物に、β-グルコシダーゼを入れて分解し、製造されます。

●アナトー色素
ベニノキ科ベニノキの種子の被覆物から抽出されます。 ハム、ソーセージ、米菓、たれ類などに使用されます。

コープの「ふっくらジューシー生ハンバーグ」に使われていました。

コープ「ふっくらジューシー生ハンバーグ」肉汁がすごすぎる!
食材宅配コープデリのハンバーグは色々な意味ですごい こんにちは!兼業主婦子です。 最近ハンバーグは手作りしていません。 何故っ...
牛肉(オーストラリア産)、ソテーオニオン、豚肉調製品(豚肉、香辛料)、牛脂、鶏卵、パン粉(乳成分を含む)、粒状植物性たん白(大豆:遺伝子組換え不分別)、食塩、しょうゆ、香辛料、香料、着色料(カロチン、アナトー色素

●アントシアニン色素
天然の食部r津から抽出され、その中でアントシアニン系に属する総称です。植物界において広く存在する色素です。

●パプリカ色素
ナス科のパプリカの果実から抽出されます。 「着色料(カロチノイド)」と表記される場合があります。

コープでは子どもも大人も本気ではまる「てりやきチキンステーキ」

コープ「照焼きチキンステーキ」肉汁したたりかなりうまい!
食材宅配コープデリで買った「照り焼きチキンステーキ」は大当たり! こんにちは!兼業主婦子です。 うちの大姫様(5)は食べ盛り真っ...

鶏もも肉糖類(砂糖、果糖ぶどう糖液糖)しょうゆ(大豆(遺伝子組み換えではない)小麦を含む)、みりん、でん粉、清酒、醸造酢、食塩、調味料(アミノ酸)、着色料(カラメルパプリカ色素)、膨張剤(炭酸水素Na※)、酸味料(クエン酸)

パプリカだけではなく、カラメル色素も入っていました。

●紅花色素
キク科ベニバナの花から水で抽出されます。
サフラーイエロー類が主成分で、 飲料,漬物,冷菓,キャンディー,菓子などに使用されます。

●紅麹色素ベニコウジ色素
ベニコウジカビの菌体から抽出して製造されます。練り物や畜産加工品、たれなどに使用されます。

●コチニール色素・カルミン酸色素
サボテンに寄生するカイガラムシ科エンジムシの乾燥体から抽出されます。 清涼飲料水や冷菓、菓子類、ハム、ソーセージなどに使われます。

●アカキャベツ色素
紫キャベツから得られる天然色素です。

合成着色料

不自然なくらい色鮮やかなお菓子。
これらには合成着色料が使われていることがあります。

多くはタール(木材・石炭を乾留して製する、黒いねばねばした液体)や石油を原料にしています。通常の使用量を超えなければ問題ありませんが、摂りすぎると危険性が指摘されています。日本ではそのことから、ほとんど見られなくなりました。

赤色〇号、青色〇号などと呼ばれているものです。(〇には数字が入ります)

アメリカやEC諸国、ドイツなどでは使用を禁止しているものもあります。

日本はより自然に近い色が好まれる

真っ赤なウインナー。
最近は全く見かけなくなりました。ほとんどが合成着色料を使用しているからです。
その代わりによく使われているのが、天然由来の着色料です。

添加物を極力少なく作っているパルシステムでも、上でご紹介したカレーにはカラメル色素が入っていました。でもこれ以外はまだ見つけられていません。

保存料は食中毒のリスクを下げるために使われていますが、着色料は見栄えを良くするためのものです。つまり、使わなくても何ら問題はない添加物の一つということになります。

パルシステムの着色料が使われている食品をあまり見かけないのは、このことがあるからでしょう。

最近ではより、自然な色に近い食材が人気の日本。
ハムもウインナーも極端に赤いのは嫌われます。

これは日本人が食の安全を重要視しているからなんですね。

食品添加物について

このサイトでは食材宅配サービスの商品紹介をするときに、ほぼ100%原材料のチェックをしています。

食品添加物は身体に悪いというわけではありません。

食品添加物が体に悪いのは、普通の人が普通の食事で摂取する程度の量の数千倍の量を一度に摂取した場合です。

普通の食事に含まれている量程度では、体に害はありません。

さまざまな実験を繰り返して、人間が一生の間毎日摂取してようやく体に影響があるかもしれない、という量の1/100、という基準量が決められています。

ただ、日本では普通に使用されている添加物なのに、海外では発がん性があるとして禁止されている添加物もあるんです。

自分の身を守るため食品添加物の知識はしっかり持っておいた方が良いと考え、どのような添加物が入っているかを書いていきたいと私は思っています。

 

兼業主婦子がおすすめする食材宅配サービス3社はここ!


安い!品ぞろえ豊富!兼業主婦子一押し

食材宅配ランキング 金コープデリ・おうちコープ

コープデリ・おうちコープ

おすすめ度★★★★★★

買い物のタスクをなくすなら、ここだけでも十分です! それだけ品数の種類が豊富で、まるで通販ショッピングモール!

 

ポイントこんな方におすすめ! 
→買い物に行きたくない方

 


夕食を時短したいならココ!

食材宅配ランキング 銀ヨシケイ

おすすめ度★★★★★★

夕食特化!栄養バランス最高!毎日の献立作りから解放されます。冷凍弁当も!

ポイントこんな方におすすめ!
 →夕食づくりを短時間で済ませたい方


こだわりの食材を安く手に入れたいならココ!

食材宅配ランキング 金パルシステム

パルシステムおすすめ度★★★★★☆

食材の添加物が気になる方や、原材料の育て方、産地にこだわるならここ!

 

ポイントこんな方におすすめ!
 →こだわりの食品を安く手に入れたい方


 

トップへ戻る