生鮮食品が買える食材宅配は?

生鮮食品が買える食材宅配は?

スーパーで買うより食材宅配の方が鮮度が良い

料理好きな主婦の方なら気になるのは生鮮食品の取り扱いがあるかどうかですよね。

生鮮食品とは、新鮮であることが求められる食品のことです。
具体的には野菜や果物、鮮魚、精肉などの食材で、加工食品は含ま内で検証します。

私の考えなんですが、生鮮食品は食材宅配で買うのが一番。

例えば、スーパーの生鮮品。
1日にどれだけの買い物客が来て手に取って、買わずに戻していくと思います?

中には嫌なお客さんもいて、ラップの上から指で商品を押して、買わずに戻していく方もいます。
うちの娘なんか、手あたり次第触りまくりますからね。

いくら包装してあるとはいえ…ねえ。

顕著に表れるのは野菜、特に葉物で、朝からおばちゃんたちにベタベタ触られ、私たちが買い物に行く夕方ごろにはもう力尽きてしなびていることってありませんか?

その点、食材宅配なら限られた人しか触りません。
食材に触る人は、農家の方、加工の方、仕分けの方くらいです。
配達員は直接触る事はまずありません。
仕分けの際、すでに各家庭別に分けて箱に詰めてあります。

これだけでも鮮度は充分保たれています。

生鮮食品が買える食材宅配は?

このサイトで重点的に紹介している食材宅配(ヨシケイ、コープデリ・おうちコープ、パルシステム)のうち、生鮮食品の取り扱いしているのは2社です。

パルシステム

パルシステムは生鮮食品も取り扱っている

生協の宅配パルシステム 公式ホームページはこちら!

自社開発商品にはとことんこだわりを見せるパルシステム。
野菜にもとことんこだわりを見せていて、育て方や肥料、飼料にまで口をだしています。

独自の基準に満たない野菜は作らない!それを徹底しているからこそこんな新鮮な野菜やおいしい肉を作ることができるんです。

また、これらの新鮮な野菜や肉は自社開発商品に惜しげもなく使われています。

自分たちで育てた生鮮食品を加工品に使っている食材宅配は珍しいのではないでしょうか。
その味は確かで、パルシステムの組合員約200万人という数の多さがその証明になっています。

これだけ購入してくれる方がいるからこそ、本物志向の割には値段が安いのです。

すべて自社便を使うという事もあり、他の有機野菜を取り扱う食材宅配サービスよりも配送手数料が安く済むというのも人気の秘密です。
☟パルシステム 無料資料請求はこちら!
宅配食材

野菜

パルシステム 有機野菜

野菜はコア・フードパルシステム コアフードというパルシステム独自ブランドがあります。
これはパルシステムの中でもトップブランドで、厳しい品質基準はもちろんの事、環境保全や資源循環の取り組みに積極的に取り組んでいる商品の実が認証されるもの。
そして、JASマーク認定を受けた有機野菜のことです。

化学合成農薬、化学肥料をを極力使わない方法で栽培されています。

また、エコ・チャレンジパルシステム エコチャレンジというブランドもあります。
これは、化学合成農薬・化学肥料を、各都道府県で定められた慣行栽培基準の1/2以下に削減し、パルシステムが定める「削減目標農薬」を不使用した商品がつけられるマークです。

独自の栽培基準「コア・フード」「エコ・チャレンジ」とは...

つまり、パルシステムのブランド基準は…

●表示なし 安全
エコチャレンジ さらに安全
コアフード 超スーパー安全

という基準になるわけです。

パルシステムのキャベツが新鮮でデカい!

パルシステムの「はじめての野菜セット」が届いたよ!

ぱるしすてむのお肉

パルシステム印が付いたお肉は、一般的に行われている輸入穀物での飼育とは違います。
主に自給飼料(牧草など)で飼育されています。

地域の食品副産物も利用して、エコな環境で育てているんです。
飼育期間中は抗生物質を含まない餌を使用するこだわりっぷりです。

冷凍のお肉と冷蔵のお肉は半々といったところです。
商品ごとに印がついていて、冷凍 パルシステム が冷凍で冷蔵 パルシステムが冷蔵のお肉です。

パルシステムのお肉は甘みを強く感じると評判が高く、値段は割高ですが、その分おいしい肉を味わう事ができます。
アッサリの味付けで食べてみると、その味の違いがより分かりやすくなりますよ!

元精肉屋が認める!パルシステムの産直豚モモ生姜焼き用

パルシステムの産直豚切落しで簡単クッキング

牛乳

パルシステム 牛乳

一般の牛乳のほとんどが、日持ちをさせるために「UHT殺菌」という方法がとられています。
これは、120~130℃の高温で殺菌する方法で、日本で作られている牛乳の約90%がこの方法で作られています。

しかし、パルシステムの牛乳は「HTST製法」という、72℃の低温殺菌で作られています。
こうすることで、牛乳のタンパク質の熱変化が少なく済み、牛乳本来の味をそのまま味わう事ができるんです。
それはまるで、牧場で搾りたての牛乳を飲んでいるようなんですよ!

パルシステムで特に人気があるのは「こんせん72牛乳」。
質の高さでもトップクラスである北海道根釧(こんせん)地方の生乳に限定して使用しています。

また、埼玉県や茨城県で酪農を営む生産者が搾乳した生乳を使用していて、こんせん72牛乳と同じHTST製法で作られた「酪農家の牛乳」もあります。

パルシステムのこんせん72牛乳

パルシステムの「酪農家の牛乳」 「こんせん72」との違いは?

たまご

パルシステムの卵

一般的な養鶏場では、窓がない所で育てられていることも多い鶏。
しかし、パルシステムの卵の親鳥は、解放感がある鶏舎で育てられています。

平飼い飼育(平たい地面のうえで、放し飼いの状態で飼うこと)をしていて、資料は非遺伝子組み換え原料に限定しています。

また、卵の鮮度を保つためには、気温が低い所で管理するのが一番。
そのため、温度管理を徹底しています。

こんな努力があるから、ぷっくりした黄身、濃厚でまろやかな味の卵を作ることができるんです。

パルシステムの産直たまごが届いたよ!

自慢の生鮮品を使ったパル開発商品

パルシステムの加工品すべてに共通するのは、化学調味料を使っていない事。化学調味料はうま味を刺激する物質を人工的に精製した調味料のことをいいます。

また、原材料にもとことんこだわっており、極力国内産を使うように努力しています。
本物志向の方にとても人気の高い商品ばかりです。

パルシステムで評判の良いカスタードプリンを食べてみたよ

パルシステムの「までっこ鶏 チキンナゲット」をお試ししてみたよ

その他のパルシステム商品レビューはこちら!

パルシステム 生鮮食品のまとめ

このように、パルシステムはこだわって作っている商品ばかりを購入することができます。
このくらいクオリティの高いものを手に入れるとなると、近所のスーパーでは事足りません。
遠くに足を延ばさないと手に入らないこともあるでしょう。

しかしパルシステムなら、インターネットで注文すれば玄関先まで配達してくれるのです。
しかも、こんなにこだわっている割には値段が安いのも嬉しいポイントです。

でも、気になるのはそのお味。
無添加や化学調味料の味がどのようなものか、実際お試ししてみないと分かりません。
人によっては「無添加はおいしくない」と感じてしまう人もいらっしゃるようです。

そこで、パルシステムでは入会する前に味をお試ししてもらうために「パルシステムおためしセット」というものを用意しています。

●定番満足おためしセット
●有機野菜おためしセット
●赤ちゃんも安心 おためしセット

の3つから、好きなものを選ぶことができます。
しかも、定価からかなりお安い値段で、入会してしまったらこの値段では購入できない安さです。

☟パルシステムお試しセット ご注文はこちらから!
パルシステム おためしセット

おためしセットの詳細や注文方法、資料請求方法は「食材宅配の申し込み方法は?資料請求・お試しセット」に詳しく書きましたので参考にしてください!

コープデリ・おうちコープ

コープデリの公式ホームページ画像

取り扱い点数の多いコープデリ・おうちコープの生鮮食品は、スーパー以上の鮮度と安全性を追求しています。

忙しい主婦でも使いやすいように小分けに包装してくれていたり、日持ちするように工夫してくれている商品が多い印象です。

とにかく値段がスーパー並みの安さなのに、鮮度が良く用品数が多いことが特徴です。
ココさえやっていれば、スーパーに行くというタスクはなくなること間違いなしです。

☟コープデリ・おうちコープ 無料資料請求はこちら!

野菜

必要最低限の人しか商品に触れることがないので、その鮮度は抜群です。
中でも「旬鮮フレッシュ便」の鮮度は抜群。

前日の早朝にとれた野菜を手に入れることができるんです。
このスピード化はなかなかできる事ではありません。(季節によってない場合もあります)

おすすめなのは九州野菜のセット。

コープデリ 九州野菜のセット

色々な新鮮野菜がセットになっています。天候の影響で商品や数量が変わることもありますが、九州のおいしい野菜を自宅にいながら手に入れることができます。

また、本物志向の方はこちらのオーガニック野菜がおすすめです。

JASマークJASマーク とは、農林水産製品について全国的に統一して定めた規格で、農薬や化学肥料などの化学物質に頼らず自然界の力で生産された食品を表しており、もし国から認定されていないのにつけると、罰則を受けます。

JASマーク 詳しくはこちら!

また、「グリーンプログラム 有機栽培」グリーンプログラム 有機栽培のマークがついている野菜は、「コープの産直」の野菜・果物・お米で、化学合成農薬と肥料の使用を、地域の一般的な農産物より5割以上減らして生産している農産物についています。

野菜が安心安全なコープデリ

コープで扱っている肉は、生肉の物と冷凍で来るものと2種類あります。

こちらは生の状態で来るお肉です。

コープデリのお肉

パック詰めに工夫が施されており、品質を保つためにパックの中に炭酸ガスを35%充満させています。わざとこのようにすることで、鮮度を保つことができるんです。

忙しい方には冷凍肉もおすすめです。

コープデリの冷凍お肉

使いやすいようにバラで冷凍されている事が多いので、賞味期限をあまり気にすることなく使いたい方や、少量ずつ使痛い方には冷凍の方がおすすめです。

冷蔵と冷凍をどこで見分けるかというと、赤丸で印をつけたんですが、それぞれの商品ごとに冷凍冷蔵のマークが書いてあるのがお分かりになるでしょうか?ざっと見ると、お肉全体の3分の2が冷凍になっています。

コープデリの肉と魚はほぼ冷凍で届きます!

コープデリのパラパラミンチは使える!

コープデリの魚

コープデリのお魚は、高い割合で冷凍できます。
お刺身もです。

しかし、使いやすいように小分けで冷凍してくれているので、使いやすさは抜群です。

コープデリでねぎとろ買ってみたよ!

牛乳

コープで取り扱っている牛乳は種類が多く、いつも15種類以上あります。

コープ印の牛乳だけではなく、例えば明治の「おいしい牛乳」、雪印の「アカディ」もあります。

一番人気はコープ牛乳。
おの値段の安さとコクの深さが子どもたちにも人気で、我が家の子どもは「この牛乳じゃないと嫌」と言うほどです。

コープ牛乳は一番人気!

コープデリ・おうちコープ 生鮮食品まとめ

コープデリ・おうちコープはとにかくその品ぞろえの多さに脱帽です。
しかもネットで注文することができるので、商品を求めて店内を探し回ることはありません。
また、使いやすいように小分けにしてくれたり、ものによってはパラパラの状態で冷凍してくれているのがうれしい所です。

生鮮食品だけではなく、冷凍食品も充実しているので、帰宅が遅い方、夕食づくりを時短したい方にはかなり助けになってくれることでしょう。

まずは無料資料請求!コープデリ・おうちコープ公式ホームページはこちら!

まとめ

特に魚や肉は冷凍で来るものも数多くあるので、カタログでチェックをするときに注意が必要です。これが食材宅配のメリットでもあり、デメリットでもあります。

詳しくは「冷凍物と冷蔵物を確認した方が良いコープデリ」で詳しくご紹介しています。
パルシステムにも同じことが言えますのでどうぞ参考になさってみてください。

このページでは2社のサービスをご紹介しましたが、食材にこだわるならパルシステム、安さにこだわるならコープデリ・おうちコープですね。

我が家ではどちらも利用していますので、普段使いはコープ、ここぞというときや、食物アレルギーのチビ姫ちゃん(1)が食べるものはパルシステムという風に使い分けています。

トップへ戻る